新宗教と巨大建築 - 五十嵐太郎

新宗教と巨大建築 五十嵐太郎

Add: lerexi24 - Date: 2020-12-17 09:18:57 - Views: 2391 - Clicks: 1708

著書『新宗教と巨大建築』(講談社現代新書/ちくま学芸文庫)『戦争と建築』(晶文社)『過防備都市』(中公新書ラクレ)『現代建築のパースペクティブ』(光文社新書)『美しい都市・醜い都市——現代景観論』(中公新書ラクレ. 28 五十嵐 太郎 筑摩書房 売り上げランキング: 378,602 Amazon. Amazonで五十嵐 太郎の新宗教と巨大建築 (講談社現代新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。五十嵐 太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 講談社,()五十嵐 太郎 近代の神々と建築. 『近代の神々と建築 靖国神社からソルトレイク・シティまで』(廣済堂出版、年) 4. 『美しい都市・醜い都市 現代景観論』(中公新書ラクレ、年) 9.

著 建築ガイド・都市ガイド. 新宗教とその巨大宗教建築に対する論考。教団の思想から空間の概念を読み取り、それをいかに「創造的に」現実の空間に建築として反映させていくか。天理教をはじめとして、大本教や金光教、戦後の寺院建築などをメインに述べられる。オウムの建築に. 『戦争と建築』(晶文社、年9月) 5. 年には、第11回ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展において、石上純也をアーティストに指名し、キュレーターとして選出された。展示名は"EXTREME NATURE: Landscape of Ambiguous Spaces"。日本館外部の庭には、ガラスと極細の鉄骨で作られた3つの温室が配され、その中には多種多様の植物が植えられた。一方、日本館内部は全ての壁及び壁柱をドローイングで埋め尽くした。これらは石上の植物に関するプロジェクトだが、全ては鉛筆を使った手書きによるものであった。各国メディアから、あたかも日本の「生け花」などと評され、注目を集めたが、金獅子賞受賞には至らなかった。会期終了後は帰国展の要望が多く寄せられた。しかしながら温室の移設が非常に困難であるなどの理由から、実現には至っていない要出典。 また、TEPCOインターカレッジデザイン選手権、ユニオン造形デザイン賞、せんだいデザインリーグ、東海地区卒業設計合同展dipcolle、景観開花など審査員を歴任した。. 『ビルディングタイプの解剖学』(大川信行との共著、王国社、年12月) 5. 先日読んでいた「新宗教と巨大建築」(五十嵐太郎)のあとがきに著者が博士論文のテーマをどう決めたかの顛末が乗っており、良かった。以下に引用する。 『10+1』という建築・都市の評論雑誌から、天理市についての原稿を書く機会が与えられた。1995年.

『読んで旅する世界の名建築』(光文社新書、年) 6. 新編新宗教と巨大建築 / 五十嵐太郎著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: シンペン シンシュウキョウ ト キョダイ ケンチク 言語: 日本語 出版情報: 東京 新宗教と巨大建築 - 五十嵐太郎 : 筑摩書房,. 「新宗教と巨大建築」 五十嵐太郎 定価: ¥ 748+税 五十嵐太郎 本 BOOK ノンフィクション 教養 なぜ前近代の宗教建築は賞賛され、近代以降の教殿はいかがわしいまなざしで見られるのか。天理、大本、金光、PLなどの建築と都市を直視する。 価格の相談お気軽にどうぞ!. 新編新宗教と巨大建築 フォーマット: 図書 責任表示: 五十嵐太郎著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房,. 『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫、年) 3.

人文学としての建築 気がつくと、建築から社会のことを考えてきた。 『新編 新宗教と巨大建築』(筑摩書房)は、オウム真理教のサリン事件をきっかけに、新宗教の建築・都市研究を博士論文としてまとめたものだ。. 『卒業設計で考えたこと。そしていま2』(編、彰国社、年) 11. 『卒業設計で考えたこと。そしていま』(編、彰国社、年) 9. 「信仰の空間」を解読する! なぜ前近代の宗教建築は賞賛され、近代以降の教殿はいかがわしいまなざしで見られるのか。天理、大本、金光、PLなどの建築と都市を直視する。 建築史における近代宗教――英雄的な建築家の営みとアヴァンギャルドの連続で語られる近代建築史と、寺社建築を. 五十嵐 太郎 Taro Igarashi. jp 13,402円(年12月20日 09:56時点 詳しくは. 新編新宗教と巨大建築 (ちくま学芸文庫)/五十嵐 太郎(文庫:ちくま学芸文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. See full list on wpedia.

新編 新宗教と巨大建築 (ちくま学芸文庫) posted with amazlet at 13. 五十嵐 太郎. 建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。 建築系ラジオ r4 現代建築を語る・聞く・読む|五十嵐太郎の建築ブックガイド.

『リノベーションの現場 協働で広げるアイデアとプロジェクト戦略』(リノベーション・スタディーズ共編、彰国社、年 10. 天理大学 生涯教育専攻 課題図書 五十嵐 太郎 『新宗教と巨大建築』 講談社現代新書(1580) / 年 / 233頁 / &92;680 / isbn:. 『新宗教と巨大建築』(講談社現代新書、年) 2.

新編 新宗教と巨大建築 <ちくま学芸文庫> ¥ 2,640 (送料:¥300~) 五十嵐太郎 著 、筑摩書房 、年 、375p 、15cm 『建築の書物/都市の書物』(編、INAX出版、1999年) 3. Amazonで五十嵐 太郎の新編 新宗教と巨大建築 (ちくま学芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。五十嵐 太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 会場 パチパチパチ・・・プレファブ建築が映し出されている 五十嵐です。今日お話するのは新宗教と建築の話で、あと10日ほどで講談社現代新書から「新宗教と巨大建築」という本を出すんですけども。そこで書いている内容と、だいたい重複しております。. 広済堂出版,()五十嵐 太郎 戦争と建築.

五十嵐 太郎『新宗教と巨大建築』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約12件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 1967年、フランス・パリ生まれ。. -- (講談社現代新書 ; 1580) isbn : 新, 旧. 五十嵐太郎 (いがらし・たろう) 建築批評・建築史家。東北大学大学院教授。1967年パリ生まれ。 主な著作に『新宗教と巨大建築』、『現代建築に関する16章』、『美しい都市 醜い都市』、『現代日本建築家列伝』、『被災地を歩きながら考えたこと』、『日本建築入門』など。. 『終わりの建築/始まりの建築 ポスト・ラディカリズムの建築と言説』(INAX出版、年2月) 2. 晶文社,()五十嵐 太郎.

『現代日本建築家列伝 社会といかに関わってきたか』(河出書房新社「河出ブックス」、年10月) 1. イガラシ タロウ. 6 形態: 375p ; 15cm 著者名: 五十嵐, 太郎(1967-) シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; イ-35-1 書誌id: baisbn:. 『見えない震災 建築・都市の強度とデザイン』(編、みすず書房、年 12. 『現代建築に関する16章 空間、時間、そして世界』(講談社現代新書、年) 10. いずれも19世紀に登場した天理教、金光教、大本教を具体的にとりあげ、さらに戦後の新宗教建築を幾つか概観. 『過防備都市』(中公新書ラクレ、年) 7. jpで詳細を見る タイトルからは「新宗教は(お.

新編新宗教と巨大建築 - 五十嵐太郎 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 『アジア建築研究 トランスアーキテクチャー/トランスアーバニズム』(共編著、INAX出版、1999年 4. 五十嵐 太郎. 論 新宗教の建築・都市研究(3)-金光教の教規・教則における教会について-. 『映画的建築/建築的映画』(春秋社、年) 11. 『新宗教と巨大建築』(講談社現代新書、年) 『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫、年) 『近代の神々と建築 靖国神社からソルトレイク・シティまで』(廣済堂出版、年) 『戦争と建築』(晶文社、年9月).

巨大さについて 巨大さというテーマについて、まず筆者の著作『新宗教と巨大建築』(講談社、年)から話を始めたい。博士論文をもとに書かれたこの本では、実は当初、論文と同じタイトルの「新宗教と建築」になるはずだった。しかし、印刷を間近に控え、確か営業部からの意見だった. 五十嵐太郎著 -- 講談社,, 233p. 著書に『過防備都市』(年、中公新書ラクレ)、『現代建築に関する16章』(年、講談社現代新書)、『新編新宗教と巨大建築』(年、ちくま学芸文庫)、『「結婚式教会」の誕生』(年、春秋社)、『ヤンキー文化論序説』(編著、年、河出. 『現代建築のパースペクティブ 日本のポスト・ポストモダンを見て歩く』(光文社新書、年) 8. 彰国社,(1998)五十嵐 太郎、鈴木 博之、野澤 康、山田 学他: 133.

『初学者の建築講座 建築計画』(佐藤考一との共著、市ケ谷出版社、年) 8. 『エヴァンゲリオン快楽原則』(編、第三書館、1997年) 2. 五十嵐太郎『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫) 近代~現代に誕生した新しい宗教の大型建築を、建築批評の視点で読み解く本です。 過去に講談社現代新書から出ているバージョンに、それ以降に発表された文章と大幅な改稿、書き下ろしも加え.

『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』(彩流社、年1月) 12. 五十嵐太郎『新宗教と巨大建築』(講談社現代新書, )を読了。 ここのところ、月一回、天理図書館の「教祖120年祭記念展」に出掛けているのだが、毎度毎度、独特の建築と、イベントの規模に圧倒されている。. 五十嵐太郎 いがらし・たろう 建築史・建築批評。1967年生まれ。著書に『新宗教と巨大建築』『戦争と建築』『結婚式教会の誕生』『モダニズム崩壊後の建築』など。. 五十嵐太郎『新編 新宗教と巨大建築 』(ちくま学芸文庫)がとてもおもしろかった。「新宗教」も「巨大建築」もおもしろい題材なのだから、その二つを掛け合わせると、そりゃあおもしろいだろうさ。 新編 新宗教と巨大建築 (ちくま学芸文庫)www. 五十嵐 太郎『新編 新宗教と巨大建築』への永江 朗の書評。巨大でキッチュな新宗教建築観光といえば名所旧跡・社寺仏閣と相場は決まっている。でも、その社寺仏閣の中に新宗教の施設は含まれない。たんに建物が新しいから見る価値がないのではなく、新宗教そのものが持っている(と思わ. 五十嵐太郎 1967年生。建築史。東北大学助教授。著書=『新宗教と巨大建築』『終わりの建築/始まりの建築』『戦争と建築』『現代建築のパースペクティブ』『現代建築に関する16章』『美しい都市・醜い都市』。.

『リノベーション・スタディーズ 第三の方法』(リノベーション・スタディーズ共編、INAX出版、年) 6. 6 形態: 375p ; 15cm 著者名: 五十嵐, 太郎(1967-) シリーズ名:. 建築批評・建築史家 五十嵐 太郎 taro igarashi. 『新編 新宗教と巨大建築』(筑摩書房) 著者:五十嵐 太郎巨大でキッチュな新宗教建築観光といえば名所旧跡・社寺仏閣と相場は決まっている。でも、その社寺仏閣の中に新宗教の施設は含まれない。たんに建物が新しいから見る価値がないのではなく、新宗教. 『エディフィカーレ・リターンズ』(南泰裕と共編、DNPアートコミュニケーションズ、年 7.

新宗教と巨大建築 - 五十嵐太郎

email: ebukylo@gmail.com - phone:(592) 521-6958 x 8365

高齢者のいのちとこころ - 竹友安彦 - 昭和年間法令全書 内閣印刷局

-> 吉祥女子中学校 8年度用
-> 都市戦記・妖魔アルディーン - 井上ほのか

新宗教と巨大建築 - 五十嵐太郎 - 手塚文哉 再犯防止をめざす刑務所の挑戦 島根あさひ社会復帰促進センター等の取組み


Sitemap 1

慢性期医療認定講座テキスト - 鳥羽研二 - 玖珂郡大畠町